外壁塗装

■ 適切な塗り替えで、お住まいの劣化を防止

外壁塗装が無くなると一体どんなことが起こるのでしょうか?
外壁は、24時間365日直射日光や風雨、激しい寒暖差にさらされています。
紫外線や水、湿気などはお住まいにとっては大敵。
外壁の内部まで水が侵入すれば、雨漏りや腐食が起こり、建物はもろくなってしまいます。

だからこそ大事なのは、適切な時期に適切な塗料を用いて、外壁を塗り替えること。
お住まいの状況とご要望に合わせたベストな塗り替えで、お住まいの安全を守ります。

 

■ だから安心!「長谷田塗装」の施工のポイント

◎万全な下地調整
最高の塗料を使い、最高の塗りを行っても、すべてが台無しになってしまうことがあります。
それだけ仕上がりに大きな影響を与えるのが、“下地調整”。
下地調整とは、サビや汚れ、剥がれかかった古い塗膜を取り除いたり、ひび割れた部分を補修する作業のことを指します。
この工程をおろそかにしてしまうと、塗料を塗ってもしっかり外壁に密着せず、数年で剥がれてしまうことに成りかねません。
当社では細かな部分まで丁寧に下地調整を行うことで、塗装が長持ちするよう努めています。

◎豊富な塗料の知識
ひび割れやすい外壁には、ひび割れに強い塗料を、汚れやすい外壁には、汚れに強い塗料を。
どの塗料にも、適材適所の使い方があり、それを見極めるのが私達職人の仕事です。
また、塗料はそれぞれ扱い方が異なるため、メーカーの規定を守らずに薄めすぎたり、乾燥時間を守らなければ、ひびやカビ汚れの原因に。
正しい知識を持っているからこそ、お住まいにぴたりと合った塗料・塗り方をお届けできます。

◎3回塗りでしっかりお住まいをコーティング
通常塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが原則。
重ね塗りがしっかりと施されていないお住まいは、ひび割れたり汚れやすく、防水性能も長持ちしません。
まんべんなく3回塗りを行うために、塗り重ねる塗料の色を変え、どこを何回塗ったかがわかりやすいように配慮しています。

◎木部・鉄部などの付帯部分も忘れずに
外壁や屋根には、破風や水切り、幕板など様々な付帯部分があります。
そういった細かなパーツ部分も、お住まいを守るためには欠かせない要素。
実はこのような付帯部分の塗装がおろそかになっており、先に傷んでしまっているお住まいも、決して少なくはないのです。
当社では、付帯部分に関しても、素材に合わせて最適な塗装を実施。
お住まい全体をしっかりと保護し、その寿命を延ばします。

三木市で外壁塗装・屋根塗装など塗り替えのことなら長谷田塗装へ

【電話】 0794-88-2655
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 三木市を中心とした阪神エリアに対応

一覧ページに戻る